黒部名水ポーク - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > 黒部名水ポーク

黒部名水ポーク

2014年06月05日

meisuipoke.jpg

黒部名水ポークを提供し続けるこだわり

黒部の限られた養豚農家で作られた『名水ポーク』は、
柔らかく旨味のある豚肉です。

その肉質はしゃぶしゃぶにしたら、よく分かります。
普通の肉は固くなり、縮んでしまいますが、
名水ポークは、柔らかく、縮むこともありません。

当館では、黒部の自然に育まれた『黒部名水ポーク』を、皆様に食べていただきたいという想いから、
長年夕食のお料理の大事な主役としてご用意してまいりました。

黒部に来たら、是非『黒部名水ポーク』をご堪能ください。


わずか4軒の養豚農家で作られた知られざる逸品

meisui1.jpg

黒部名水ポークは、黒部市のわずか4軒の養豚農家で作られている豚肉です。
成長段階に合わせて特別配合した飼料をあたえ、
黒部の名水をたっぷり飲ませて育てております。

なぜ名水を飲ませるといいのか??

豚は人間と同じく、体の50パーセント以上は水分です。
美味しい水を飲むことは、美味しい身体を作ることになるのです。
さらにもっとおいしくするために、孟宗竹の竹酢を加えてて飲ませています。

孟宗竹の、炭を作るときに煙から出る液体を精製したものをえさに混ぜてると、消臭効果で、けだもの臭が消えるそうです。


名水ポークになれるのは、その中で約3割だけ。。

厳しく徹底した衛生管理と、手をかけられ飼育された豚の中から、
名水ポークとして出荷されるのは全体の約3割だそうです。

日本食肉格付協会富山事業所にて上級(一級品)の格付けをもらった豚肉の中から
さらに厳選された豚肉を、『名水ポーク』として出荷しているそうです。

生産者がこだわりぬいて育てた豚肉が『名水ポーク』です。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop