<ゲストご紹介>日本酒プロデューサー 上杉孝久氏 - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > <ゲストご紹介>日本酒プロデューサー 上杉孝久氏

<ゲストご紹介>日本酒プロデューサー 上杉孝久氏

2015年06月09日

uesugi.jpg
日本酒アカデミー及び東武カルチュアスクール講師
ジザケジャパン株式会社取締役
日本地酒協同組合専務理事
有限会社佐奈井代表取締役
落合貴之衆議院議員後援会長(維新の党・東京6区選出)
東京都在住
著作:「日本史がおもしろくなる日本酒のはなし」(サンマーク文庫)


1952年東京都出身。学習院大学法学部卒業後、出版業界に身を置き、編集プロダクションを設立して食、酒、旅のジャンルの仕事を中心に活動。
その後、日本橋で創業60年の老舗甘味屋「いの上」を継承し、赤坂の料亭、居酒屋、などを出店する傍ら、外食産業のコンサルタントとして活動をする。
その間に池袋東武百貨店和洋酒売場の中に「BAR楽」を開店。日本一早く開店し、世界一早く閉店するBARとして各種マスコミにも取り上げられる。特に徹底した顧客満足度の追及により、常識をくつがえすようなメニューの開発をして20年にわたり売場面積あたりの売上高で高い数字を維持していた。(BAR楽は東武百貨店改装の為2012年に閉店)
また、研を競い、美味を争う百花繚乱のデパ地下催事において、日本酒の新しいスタイルの試飲販売方式を編み出し、若い女性のマーケットを創造するなど、日本酒販売の革命児とも称されている。
ライフワークとして酒造好適米よりもはるかに安い飯米を使用した、低精米の純米酒の開や、全く新しいコンセプトの日本酒開発を消費者および各酒蔵と取組んでいる。
また、日本酒をさらに理解してもらうために、酒販店、飲食店、国内外の消費者に対して日本酒セミナーや講演を年100回以上行っている。
上杉謙信、鷹山を祖とする上杉伯爵家の分家である上杉子爵家の9代目当主。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop