お料理 - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > お料理

小幡さんが心を込めてつくった『こしひかり』

2015年01月14日 [記事URL]

obata.JPG
おいしい富山のこしひかりを食べてもらいたい。そんな想いから、
喜泉では、滑川の個人の農家の小幡さんが丹精込めて生産~管理をしたコシヒカリを皆様にご提供しております。

こだわりぬいた米作り
obata2-b.jpg
「今年のお米も絶対美味しいから!」
自信と誇りを持って作る小幡さんは、ほぼ農薬を使うことなくお米を作ります。

tannbo-b.jpg

年に1~2回だけ、害虫が多く発生する時期に、虫を追い払うのに必要な最低限の量を散布する以外は、農薬を使っていません。
ですので、田んぼにはタニシやオタマジャクシがいっぱいいます。
このタニシやオタマジャクシは、水を抜く時期に、そのまま田んぼの土に返り天然の肥料となってくれます。

収穫後の徹底した管理保存
お米の味を決めるのは「たんぱく質」、「でんぷん」、「水分」といわれています。
収穫されたあと精米する前のお米は、お米に含まれている水分量などを保つため、一定の温度と湿度に保たれた保管庫に保管しています。
hozon-b.jpg

コチラの機械で精米の度合いを調整しています。
seimaiki-d.jpg
高性能な精米機を使い精米したあと、少しでも不具合のあるコメを一粒一粒確認し、はじいてくれる機会を通して袋詰をしております。
seimaiki-b.jpg

このように精米されたお米は、そのまま喜泉に届けられます。
一度に少量ずつしか届けていただていないので、皆様にご提供しているお米は精米したてのものなのです。




富山湾の海の幸を楽しんでいただくために

2015年01月14日 [記事URL]

miyakubo.jpg

富山の新鮮なお魚を毎朝仕入れてくださっている鮮魚店の方たちです。

富山湾は、日本の湾のなかでも、水深の深さと魚の豊富さで知られています。
それは「天然のいけす」といわれ、沿岸から急激に深くなっていて、海底には多くの谷が入り組んだ、いわゆる「藍(あい)がめ」といわれる海底谷があります。そこが魚介類の格好の住処になっているのです。
また、3,000m級の立山連峰から流れる水が豊富な栄養分を運んでくるので、生き物たちがふくよかに育ちます。富山湾には日本海に分布する約800種のうち約500種の魚が生息するとも言われています。

しかも、漁場から港までの距離が近く、宇奈月温泉から一番近い漁港までは、車で30分で行ってしまいます。
まさにイケスから魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく運べるわけです!!
「こんな山の中なのに、こんな新鮮なお魚が食べれると思っていなかった。」というお客様もたくさんいらっしゃいます。

せっかくだから富山の魚をぞんぶんに味わていただきたいという想いから
「富山の海の幸 お刺身を桶いっぱいに海鮮御膳」プランをご用意しております。
kaisengozen2.jpg

富山湾の宝石『白エビ』

shop-shiroebi-sashimi.jpg

4月から11月にかけて漁獲されているシロエビは富山湾特有のあいがめと呼ばれる海底谷付近に生息し、
富山湾でだけ専業で漁獲される希少性が高いえびです。
生きているしろえびは、透明で淡いピンク色の姿が評判を呼び「富山湾の宝石」と親しまれています。

白エビの剥き身の甘味はプリプリねっとり感が絶品です。
かき揚げや天ぷらは、殻つきで上げてサクサクっとした食感と香ばしい香りを楽しめます。

白えびを楽しむプランはコチラ
siroebigozen.jpg



黒部名水ポーク

2014年06月05日 [記事URL]

meisuipoke.jpg

黒部名水ポークを提供し続けるこだわり

黒部の限られた養豚農家で作られた『名水ポーク』は、
柔らかく旨味のある豚肉です。

その肉質はしゃぶしゃぶにしたら、よく分かります。
普通の肉は固くなり、縮んでしまいますが、
名水ポークは、柔らかく、縮むこともありません。

当館では、黒部の自然に育まれた『黒部名水ポーク』を、皆様に食べていただきたいという想いから、
長年夕食のお料理の大事な主役としてご用意してまいりました。

黒部に来たら、是非『黒部名水ポーク』をご堪能ください。


わずか4軒の養豚農家で作られた知られざる逸品

meisui1.jpg

黒部名水ポークは、黒部市のわずか4軒の養豚農家で作られている豚肉です。
成長段階に合わせて特別配合した飼料をあたえ、
黒部の名水をたっぷり飲ませて育てております。

なぜ名水を飲ませるといいのか??

豚は人間と同じく、体の50パーセント以上は水分です。
美味しい水を飲むことは、美味しい身体を作ることになるのです。
さらにもっとおいしくするために、孟宗竹の竹酢を加えてて飲ませています。

孟宗竹の、炭を作るときに煙から出る液体を精製したものをえさに混ぜてると、消臭効果で、けだもの臭が消えるそうです。


名水ポークになれるのは、その中で約3割だけ。。

厳しく徹底した衛生管理と、手をかけられ飼育された豚の中から、
名水ポークとして出荷されるのは全体の約3割だそうです。

日本食肉格付協会富山事業所にて上級(一級品)の格付けをもらった豚肉の中から
さらに厳選された豚肉を、『名水ポーク』として出荷しているそうです。

生産者がこだわりぬいて育てた豚肉が『名水ポーク』です。




  


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop