喜泉なう - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう

明日はSPAマラソンですっ!!

2015年04月04日 [記事URL]

毎年恒例となったSPAマラソン。
喜泉のスタッフも、張り切って参加しています!!

SPAマラソンとは??
宇奈月の峡谷美あふれる大自然の中を走るイベントです。

マラソンと言いながら、本気で走っている人はほとんどいないのがこの大会の特徴。

浴衣を着ている人もいれば、思い思いの仮装をして走っている人が多数。

ちなみにこちらが昨年の一コマ

spa2014.jpg
クリックするとさらに写真が観れます。

走るな!笑いをとれ!!
というのがSPAマラソンの格言です。

なぜこんなイベントをしているのか?
コレは私個人の見解ですが、宇奈月の長老にこんなことを聴いたことがあります。

昭和初期のころ、宇奈月温泉にはたくさんの文化人の方たちが来ておりました。
その方たちが遊びで、冬に雪像のようなものを沿道に作ったり、仮装のようなことをして、街を練り歩いたそうです。

その名残が今、冬に行われている「雪のカーニバル」の雪像コンクールや、一時行われていた仮装行列(20数年前まで行われていました)のイベントになっていったそうです。

これは嘘かホントかわかりませんが、雪のカーニバル自体は、すでに69回を迎えた宇奈月温泉伝統のイベントと言っても過言ではありません。

SPAマラソンは、そんな宇奈月温泉の伝統を、
今の時代版に形を変えた有所正しきイベントなのです。(あくまで個人の見解です)

当日受付もしているそうです。
是非気になる方はご参加を!!



4月12日は鉄道フェアの日

2015年04月03日 [記事URL]

今年もあります。
鉄道フェア
宇奈月国際会館セレネさんです。

北陸新幹線開業の記念すべき年だからこそ!!
ご家族で楽しめるイベントです。

当日は電気自動車のEMUも走って、宇奈月温泉散策も十分楽しめると思います。

ちなみに、鉄道フェアはこんな雰囲気です
↓ ↓

いい大人がはしゃいでいますね。。
でも...はしゃぎたくなるイベントですよ。

<イベント内容>
■1 かっこいいミニ鉄道に乗ろう・・・・1回200円(雨天の際は中止)

■2 鉄腕ダッシュ島で見たことある! 手こぎトロッコに乗ろう・・・・1回200円

■3 精巧な鉄道模型(NゲージやHOゲージに、レゴトレイン)がたくさん走るよ・・・・無料

■4 おもちゃの電車で遊ぼう!・・・・30分100円

■5 鉄道カルタ取り大会・・・・参加無料

■6 新幹線型ミニボックスをつくろう!・・・・1個200円

■7 なにが当たるかな? 鉄道あみだくじ・・・・1回100円

■8 おもちゃのクレーンやショベルカーを操作して景品ゲット!・・・・1回300円

■9 黒部峡谷鉄道コーナーでは、こども駅長に変身や、お絵かきコーナー

■10 富山地方鉄道のコーナーでは、オリジナルグッズの販売

■11 富山の押し寿司(駅弁バージョンかも?)の販売

■12 北陸新幹線顔出しパネルで記念撮影・・・・無料




うな鉄フェスティバルスタートです!

2015年03月13日 [記事URL]

いよいよ明日北陸新幹線が開業します。
ワクワクしますね。

鉄道が開通する瞬間というものを、人生で味わうことは、なかなか無いと思います。
どんな気持ちになるんでしょうか?

今日から宇奈月温泉では、うな鉄フェスティバルというのがスタートしました。
4月19日まで行われる鉄道イベントです。

IMAG0478.jpg

その封切として、
中井精也さんの写真展が、宇奈月国際会館セレネで始まりました。
今日は、中井さんによるギャラリートークと、サイン&撮影会も行われました。

IMAG0486.jpg

中井さんのお話しはとっても楽しく、時間を忘れて
作品をじっくり堪能できました。

宇奈月温泉は、鉄道とは切っても切れない歴史があります。
黒部川電源開発も鉄道がなければ成しえませんでした。
今現在トロッコ電車は有名ですが、その前に!
黒部鉄道が宇奈月温泉~下立の間を開通したことが、
宇奈月温泉の開湯と黒部川電源開発を進めるための大きな一歩だったことは間違いありません。

ちなみに黒部鉄道は現在"富山地方鉄道"として、
地域の足となる役割を果たしています。

話は長くなりましたが・・・・
うな鉄フェスティバルスタートした今日は、
鉄道と縁の深い温泉地が、北陸新幹線開業を機に、新たなスタートを切った記念すべき人なったということですね。



つべつべ姉妹NHK「あさイチ」に出演しました。

2015年03月12日 [記事URL]

IMG_9874.JPGIMG_9874.JPG



つべつべ姉妹 NHKに出演決定!

2015年03月11日 [記事URL]

tubetubeshimai.jpg

3月12日(木)NHKのあさイチに、つべつべ姉妹&つべつべ女将の出演が決定しました。

北陸新幹線開業をPRするため、
すでに数名の女将が、東京は渋谷に入ったということです。
「イノッチに会える!」と気持ちを高ぶらせてた女将さんもいたようで...
明日はどんな生放送になるのか楽しみです。

つべつべ姉妹とは。。。
宇奈月温泉女将の会のゆるキャラです。
日本一おしとやかで品のある、ゆるキャラと言ってもいいでしょう。

彼女たちには謎の生い立ちがあり、
今は宇奈月温泉でお客様をおもてなししながら、女将の修行をしているそうです。

さあ!いよいよ新幹線開業です。



むか~しむかし。桃でいっぱいの「桃の里」でした。

2015年03月05日 [記事URL]

ただ今、宇奈月温泉では「宇奈月温泉・桃源郷 春のしつらえ」というイベントをやっております。

桃の節句は3月3日ですが、
宇奈月温泉では、5月6日まで桃の飾りなどで各旅館、商店を飾ろうということです。

なぜ!?桃なの??

~宇奈月温泉ができる前は「桃の里」だった~
宇奈月温泉の歴史は、約90年です。電源開発とともに開かれた温泉地です。
その前は桃が原生する「桃の里」でした。
いまだに桃原診療所など、桃原という名前が残っているのも、その名残だと思います。


イベント期間中は、各旅館のロビーや商店17施設の"春の飾り"を自由に見ていただくことができます。
喜泉も例年よりも大きな規模でお雛様を飾っておりますので、是非見に来てください!

harunositurae1.jpg

harunositurae4.jpg



お雛さん

2015年02月05日 [記事URL]

温泉街をもりあげようと旅館と商店がみなお雛さんを飾ることになりました。
当館も今年は気合いを入れて2体飾りました。
IMG_9514.JPG



折れた桜を温泉で育てます。

2015年02月02日 [記事URL]

2週間前に雪で折れた桜の木を拾って浴場に入れおいたら芽がふくらんできました。咲く日が楽しみです。

IMG_9201.JPG

IMG_9192.JPG



小幡さんが心を込めてつくった『こしひかり』

2015年01月14日 [記事URL]

obata.JPG
おいしい富山のこしひかりを食べてもらいたい。そんな想いから、
喜泉では、滑川の個人の農家の小幡さんが丹精込めて生産~管理をしたコシヒカリを皆様にご提供しております。

こだわりぬいた米作り
obata2-b.jpg
「今年のお米も絶対美味しいから!」
自信と誇りを持って作る小幡さんは、ほぼ農薬を使うことなくお米を作ります。

tannbo-b.jpg

年に1~2回だけ、害虫が多く発生する時期に、虫を追い払うのに必要な最低限の量を散布する以外は、農薬を使っていません。
ですので、田んぼにはタニシやオタマジャクシがいっぱいいます。
このタニシやオタマジャクシは、水を抜く時期に、そのまま田んぼの土に返り天然の肥料となってくれます。

収穫後の徹底した管理保存
お米の味を決めるのは「たんぱく質」、「でんぷん」、「水分」といわれています。
収穫されたあと精米する前のお米は、お米に含まれている水分量などを保つため、一定の温度と湿度に保たれた保管庫に保管しています。
hozon-b.jpg

コチラの機械で精米の度合いを調整しています。
seimaiki-d.jpg
高性能な精米機を使い精米したあと、少しでも不具合のあるコメを一粒一粒確認し、はじいてくれる機会を通して袋詰をしております。
seimaiki-b.jpg

このように精米されたお米は、そのまま喜泉に届けられます。
一度に少量ずつしか届けていただていないので、皆様にご提供しているお米は精米したてのものなのです。




富山湾の海の幸を楽しんでいただくために

2015年01月14日 [記事URL]

miyakubo.jpg

富山の新鮮なお魚を毎朝仕入れてくださっている鮮魚店の方たちです。

富山湾は、日本の湾のなかでも、水深の深さと魚の豊富さで知られています。
それは「天然のいけす」といわれ、沿岸から急激に深くなっていて、海底には多くの谷が入り組んだ、いわゆる「藍(あい)がめ」といわれる海底谷があります。そこが魚介類の格好の住処になっているのです。
また、3,000m級の立山連峰から流れる水が豊富な栄養分を運んでくるので、生き物たちがふくよかに育ちます。富山湾には日本海に分布する約800種のうち約500種の魚が生息するとも言われています。

しかも、漁場から港までの距離が近く、宇奈月温泉から一番近い漁港までは、車で30分で行ってしまいます。
まさにイケスから魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく運べるわけです!!
「こんな山の中なのに、こんな新鮮なお魚が食べれると思っていなかった。」というお客様もたくさんいらっしゃいます。

せっかくだから富山の魚をぞんぶんに味わていただきたいという想いから
「富山の海の幸 お刺身を桶いっぱいに海鮮御膳」プランをご用意しております。
kaisengozen2.jpg

富山湾の宝石『白エビ』

shop-shiroebi-sashimi.jpg

4月から11月にかけて漁獲されているシロエビは富山湾特有のあいがめと呼ばれる海底谷付近に生息し、
富山湾でだけ専業で漁獲される希少性が高いえびです。
生きているしろえびは、透明で淡いピンク色の姿が評判を呼び「富山湾の宝石」と親しまれています。

白エビの剥き身の甘味はプリプリねっとり感が絶品です。
かき揚げや天ぷらは、殻つきで上げてサクサクっとした食感と香ばしい香りを楽しめます。

白えびを楽しむプランはコチラ
siroebigozen.jpg




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop