喜泉なう - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう

小幡さんが心を込めてつくった『こしひかり』

2015年01月14日 [記事URL]

obata.JPG
おいしい富山のこしひかりを食べてもらいたい。そんな想いから、
喜泉では、滑川の個人の農家の小幡さんが丹精込めて生産~管理をしたコシヒカリを皆様にご提供しております。

こだわりぬいた米作り
obata2-b.jpg
「今年のお米も絶対美味しいから!」
自信と誇りを持って作る小幡さんは、ほぼ農薬を使うことなくお米を作ります。

tannbo-b.jpg

年に1~2回だけ、害虫が多く発生する時期に、虫を追い払うのに必要な最低限の量を散布する以外は、農薬を使っていません。
ですので、田んぼにはタニシやオタマジャクシがいっぱいいます。
このタニシやオタマジャクシは、水を抜く時期に、そのまま田んぼの土に返り天然の肥料となってくれます。

収穫後の徹底した管理保存
お米の味を決めるのは「たんぱく質」、「でんぷん」、「水分」といわれています。
収穫されたあと精米する前のお米は、お米に含まれている水分量などを保つため、一定の温度と湿度に保たれた保管庫に保管しています。
hozon-b.jpg

コチラの機械で精米の度合いを調整しています。
seimaiki-d.jpg
高性能な精米機を使い精米したあと、少しでも不具合のあるコメを一粒一粒確認し、はじいてくれる機会を通して袋詰をしております。
seimaiki-b.jpg

このように精米されたお米は、そのまま喜泉に届けられます。
一度に少量ずつしか届けていただていないので、皆様にご提供しているお米は精米したてのものなのです。




富山湾の海の幸を楽しんでいただくために

2015年01月14日 [記事URL]

miyakubo.jpg

富山の新鮮なお魚を毎朝仕入れてくださっている鮮魚店の方たちです。

富山湾は、日本の湾のなかでも、水深の深さと魚の豊富さで知られています。
それは「天然のいけす」といわれ、沿岸から急激に深くなっていて、海底には多くの谷が入り組んだ、いわゆる「藍(あい)がめ」といわれる海底谷があります。そこが魚介類の格好の住処になっているのです。
また、3,000m級の立山連峰から流れる水が豊富な栄養分を運んでくるので、生き物たちがふくよかに育ちます。富山湾には日本海に分布する約800種のうち約500種の魚が生息するとも言われています。

しかも、漁場から港までの距離が近く、宇奈月温泉から一番近い漁港までは、車で30分で行ってしまいます。
まさにイケスから魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく運べるわけです!!
「こんな山の中なのに、こんな新鮮なお魚が食べれると思っていなかった。」というお客様もたくさんいらっしゃいます。

せっかくだから富山の魚をぞんぶんに味わていただきたいという想いから
「富山の海の幸 お刺身を桶いっぱいに海鮮御膳」プランをご用意しております。
kaisengozen2.jpg

富山湾の宝石『白エビ』

shop-shiroebi-sashimi.jpg

4月から11月にかけて漁獲されているシロエビは富山湾特有のあいがめと呼ばれる海底谷付近に生息し、
富山湾でだけ専業で漁獲される希少性が高いえびです。
生きているしろえびは、透明で淡いピンク色の姿が評判を呼び「富山湾の宝石」と親しまれています。

白エビの剥き身の甘味はプリプリねっとり感が絶品です。
かき揚げや天ぷらは、殻つきで上げてサクサクっとした食感と香ばしい香りを楽しめます。

白えびを楽しむプランはコチラ
siroebigozen.jpg



宇奈月の女将さんによる太鼓です。

2015年01月14日 [記事URL]

昨日、宇奈月温泉旅館協同組合の新年会が行われました。
毎年恒例のかたかご会(女将の会)による余興があります。
今年は太鼓にチャレンジしました。



餅つき(^^)

2015年01月04日 [記事URL]

元旦から三日間、お餅つきを行いました。
今年はお子様が多かったのでとてもにぎやかに行うことができました。
十年以上このお餅つきに来ておられるお客様もいらっさいます。
今年もお客様の笑顔をたくさん会えるよう頑張りたいと思います。



謹賀新年

2015年01月02日 [記事URL]

名称.jpg



「ダンス」×「温泉」はいかがですか?

2014年11月06日 [記事URL]

本日は、ダンスを楽しむ皆様がご来館されました。

チェックインのあと、2時間ほどダンスを楽しんだ後は、
温泉でゆっくり汗をながして、
美味しいお酒を楽しんでいただいております。

dance.JPG

当館では、ダンスを楽しみながら、ゆっくり温泉とお料理を楽しんでいただけるプランもございますので、
お気軽にご相談ください。

dance2.jpg

当館では、20名様前後の方がダンスを楽しめる、板張りのホールがございます。
壁の一部は鏡仕様の装飾がしてありますので、自分が踊っている姿も確認することができます。

音響は、CD、MD、カセット出力OK。
有線マイク3本。スピーカが4台設置してありますので、とてもよい音の中でダンスを楽しんでいただくことが可能です。
ソファーのイスとテーブルもございますので、ダンスの合間の休憩もゆったりできます。



「風の盆」企画始めました。

2014年08月29日 [記事URL]

いよいよ来週に迫った、八尾の「おわら風の盆」。
宇奈月温泉でも、現在「越中おわら宇奈月」とうたったイベントが行われています。
本場八尾の、おわら道場の方たちによる、生演奏と生歌と踊りで、じっくりとおわらを堪能することができます。

<期間>
2014年08月25日〜2014年08月31日
2014年09月10日〜2014年09月16日
<時間>
20時30分より約1時間
<会場>
晴天時は、宇奈月温泉街中心部⇒生演奏と生歌のまちながし
雨天時は、宇奈月国際会館セレネ大ホール⇒一流演奏家のコンサートもあるホールにて、生演奏と生歌を聴きながらじっくりイスに座って、おわらを鑑賞することができます。

というわけで、喜泉では、もっと「おわら」を楽しもう!ということで。。
こんな企画をやっております。

kazenobon.jpg

バランスのいい、スッキリとしたお酒は、スタッフもイチオシです!



ノルデックウォークのストックを購入しました。

2014年07月29日 [記事URL]

喜泉では、先日、ノルデックウォーキングの指導員を2名受講し、認定を受けました。
実際、ノルデックウィーキングは宇奈月の魅力を体感するのに最適のように思えました。
そこで、お客様用に貸出用に10本購入しました。
お客様と楽しいノルデックウォーキングができることを楽しみにしてます。
IMG_8838.JPG



地酒が飲める宿┃常時10種以上の富山地酒を取り揃えております。

2014年06月05日 [記事URL]

富山の海の幸、山の幸と相性抜群の富山地酒。

sake.jpg

喜泉では、より美味しく、より楽しく、お料理を楽しんでいただくため、
富山の食材に一番相性の良い、『富山地酒』をオススメしております。

飲み比べなども楽しめる1合(飲みきり)サイズの冷酒を多く取り揃えました。
jizaketuki.jpg

日本酒を楽しむ企画やイベントも随時開催しています!
過去に企画したイベント宿泊プランはこちら
日本酒プロデュ―サー上杉孝久氏が毎月1本推薦!!「上杉氏の今月のおすすめの1本。」

富山の酒蔵は、実に18か所。
蔵によってそれぞれ個性があります。
さらに富山県は、お魚を意識した淡麗辛口タイプのお酒が多く、
女性にも飲みやすいものが増えています。

お酒のお好みは人それぞれです。

そこで喜泉では、

「富山のお酒をいろいろ楽しみたい。」

「いろんなお酒を試飲感覚で飲み比べたい。」

「せっかくお酒の美味しいところに来たから、少し味わってみようかな。。。」

というお客様のお声にお応えする形で、
1合瓶(飲みきりサイズ)の地酒を取り揃えております。

sake2.jpg

オススメの1合ボトル地酒
黒部の地酒 幻の瀧(黒部市)670円
北洋 越中懐古(魚津市)  700円
立山 銀嶺 本醸造(砺波市) 720円
三笑楽 上撰(五箇山)    690円
福鶴 風の盆 上撰(八尾) 670円
成政 上撰(南砺市) 670円
若鶴 玄 金ラベル(砺波市) 670円
満寿泉(岩瀬) 670円

その他の地酒
黒部の地酒 幻の瀧(黒部市)    300ml 1,100円
立山 銀嶺 本醸造(砺波市)  300ml 1,300円 720ml 3,240円
銀盤 米の芯 純米大吟醸    300ml 2,500円
黒部峡 純米酒「水のささやき」(朝日町)300ml 1,400円
満寿泉(岩瀬)    純米吟醸 270ml 1,550円


地酒を季節で楽しむ企画も

季節の限定酒は毎月メニュー更新中!
春先には『しぼりたて新酒』
夏には『にごり酒』
秋には『ひやおろし』
なども楽しんでいただけるよう、地酒をご用意しております。

sake4.jpg



黒部名水ポーク

2014年06月05日 [記事URL]

meisuipoke.jpg

黒部名水ポークを提供し続けるこだわり

黒部の限られた養豚農家で作られた『名水ポーク』は、
柔らかく旨味のある豚肉です。

その肉質はしゃぶしゃぶにしたら、よく分かります。
普通の肉は固くなり、縮んでしまいますが、
名水ポークは、柔らかく、縮むこともありません。

当館では、黒部の自然に育まれた『黒部名水ポーク』を、皆様に食べていただきたいという想いから、
長年夕食のお料理の大事な主役としてご用意してまいりました。

黒部に来たら、是非『黒部名水ポーク』をご堪能ください。


わずか4軒の養豚農家で作られた知られざる逸品

meisui1.jpg

黒部名水ポークは、黒部市のわずか4軒の養豚農家で作られている豚肉です。
成長段階に合わせて特別配合した飼料をあたえ、
黒部の名水をたっぷり飲ませて育てております。

なぜ名水を飲ませるといいのか??

豚は人間と同じく、体の50パーセント以上は水分です。
美味しい水を飲むことは、美味しい身体を作ることになるのです。
さらにもっとおいしくするために、孟宗竹の竹酢を加えてて飲ませています。

孟宗竹の、炭を作るときに煙から出る液体を精製したものをえさに混ぜてると、消臭効果で、けだもの臭が消えるそうです。


名水ポークになれるのは、その中で約3割だけ。。

厳しく徹底した衛生管理と、手をかけられ飼育された豚の中から、
名水ポークとして出荷されるのは全体の約3割だそうです。

日本食肉格付協会富山事業所にて上級(一級品)の格付けをもらった豚肉の中から
さらに厳選された豚肉を、『名水ポーク』として出荷しているそうです。

生産者がこだわりぬいて育てた豚肉が『名水ポーク』です。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop