スタッフのつぶやき - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > スタッフのつぶやき

お誕生日おめでとうございます!の緊張

2015年08月20日 [記事URL]

こうじさん
お誕生日おめでとうございます!

birthday1.JPG

入社同期のみなさんからの、お誕生日サプライズです。


今では当たり前になってしまった、バースデーサプライズ。
どんなレストランでもお誕生日サービスやっていますよね。

当館ではご要望があれば、可能な限りの対応をさせていただいております。

しかしながら、大切なお客様の大切な人の記念日の演出という重大な任務ですので、
スタッフとしては、かなりの緊張を感じることとなります。

今回もバースデーケーキを持っていく際に、なかなかローソクの火が付かないというハプニングがありました。
そこは、スタッフ同士の連携でなんとか切り抜けることができましたが、
あの時の緊張感と言ったら、たまりません。

記念日を祝うというのは、かかわったすべての人が、想い出になるような時間になるのだなと実感しました。

こんな私たちでも良ければ、皆様のお手伝いができればと思います。




よし菜とり

2015年07月09日 [記事URL]

今日は、11日にある地酒のイベントでお出しする予定の山菜をとりに山へ行ってきました。

yosina1.jpg

今回のターゲットは、『よし菜』です。

yosina2.jpg

館主のこだわりは、とったその場で、簡単な処理をすること。
葉っぱは、山に返します。

11日には、新鮮な山菜が待っています。

yosina3.jpg



ガン○ムみたいな

2015年07月09日 [記事URL]

baiku.jpg

大きなバイクでツーリングの旅を楽しまれたお客様です。

「すごい!ガン○ムみたいなバイクですね。写真撮らせてください!」

とお願いしたところ、一緒に記念撮影に応じてくださいました。
ありがとうございます。
また、お会いできるのを楽しみにしております。

私は、ちっちゃな原付バイクで、黒部をブブン!っとドライブすることがありますが、(大きなハーレーのバイクと一緒にする気は全くございませんっ!)
爽やかな風や、だだっ広ーい田んぼの中を入るときは最高です。


黒部までバイクツーリングいかがでしょうか?



クロモジ狩り

2015年07月06日 [記事URL]

7月11日の地酒のイベントに向けて、準備が進んでおります。

今回、お酒ではアルペンルートをつなげるという試みで、
食事では、黒部峡谷を食べるというのがコンセプトになっております。

来ていただいた皆様に、いかに黒部峡谷を感じていただこうかということで、
実際に山に入り、いろいろと草木を見てまいりました。

kuromoji1.jpg

kuromoji2.jpg

そこで目についたのが、クロモジです。

kuromoji3.jpg

楊枝の原材料として有名です。
枝を切るだけで、爽やかなにおいがします。

なるほど、昔の人は、この匂いが気持ちよくて、楊枝に使ったのかなと納得します。

この香りをお酒や料理に生かせないか。

ということで、現在仕込み中でございます。

クロモジを使ったお酒は、なかなか良い感じで仕上がりそうですよ!



よいしれ黒部 イベントプランのご紹介

2015年06月18日 [記事URL]

yoisirepop.jpg



白馬錦の蔵元さん参加決定!「よいしれ黒部」地酒イベントプランの新着情報!

2015年06月17日 [記事URL]

7月11日(土)喜泉で地酒を楽しむイベントを行います。

富山地酒はもちろん、長野のお酒も楽しんでいただき、お酒でアルペンルートをつなげちゃおう!という試みです。
しかも今回、長野県大町市に蔵を構える、「白馬錦」の薄井商店さんもイベントに参加していただけることになりました。
まさしく、長野県側のアルペンルートの玄関、大町市の蔵元さんです。

当日は、日本酒プロデューサーの上杉氏が選んだ富山の地酒と、長野の白馬錦で、アルペンルートの旅を楽しんでください!

ちなみにこちらを見ていただくと「白馬錦」の薄井商店さんの酒造りへの想いなどがよくわかります!



ご参加希望の方は、こちらから
yoisire2.jpg



<ゲストご紹介>日本酒プロデューサー 上杉孝久氏

2015年06月09日 [記事URL]

uesugi.jpg
日本酒アカデミー及び東武カルチュアスクール講師
ジザケジャパン株式会社取締役
日本地酒協同組合専務理事
有限会社佐奈井代表取締役
落合貴之衆議院議員後援会長(維新の党・東京6区選出)
東京都在住
著作:「日本史がおもしろくなる日本酒のはなし」(サンマーク文庫)


1952年東京都出身。学習院大学法学部卒業後、出版業界に身を置き、編集プロダクションを設立して食、酒、旅のジャンルの仕事を中心に活動。
その後、日本橋で創業60年の老舗甘味屋「いの上」を継承し、赤坂の料亭、居酒屋、などを出店する傍ら、外食産業のコンサルタントとして活動をする。
その間に池袋東武百貨店和洋酒売場の中に「BAR楽」を開店。日本一早く開店し、世界一早く閉店するBARとして各種マスコミにも取り上げられる。特に徹底した顧客満足度の追及により、常識をくつがえすようなメニューの開発をして20年にわたり売場面積あたりの売上高で高い数字を維持していた。(BAR楽は東武百貨店改装の為2012年に閉店)
また、研を競い、美味を争う百花繚乱のデパ地下催事において、日本酒の新しいスタイルの試飲販売方式を編み出し、若い女性のマーケットを創造するなど、日本酒販売の革命児とも称されている。
ライフワークとして酒造好適米よりもはるかに安い飯米を使用した、低精米の純米酒の開や、全く新しいコンセプトの日本酒開発を消費者および各酒蔵と取組んでいる。
また、日本酒をさらに理解してもらうために、酒販店、飲食店、国内外の消費者に対して日本酒セミナーや講演を年100回以上行っている。
上杉謙信、鷹山を祖とする上杉伯爵家の分家である上杉子爵家の9代目当主。



波平さんと黒部峡谷鉄道に愛を込めて

2014年01月31日 [記事URL]

明日は雪のカーニバルです。
雪像コンクールに参加するので、今日一日は雪を触りっぱなしでした。

20140131-2014________________________.jpg

今日は宇奈月温泉のどこに行っても、
雪像を作る人の姿を観ることができたでしょう。
雪がいつになったら積もるのか。。ぎりぎりまで待ちましたが、全然積もらず、
結局いろんなところから手搬送でかき集めました。

例年に比べて苦労は倍以上でしたので、
今年の雪像への想いは強いです。

明日はぜひ、喜泉の雪像を観に来ていただければと思います。



宇奈月人なら!この季節に必ず悩むこと。。とは?!

2014年01月25日 [記事URL]

「何つくる?」
1月の中旬ごろから、このような会話が宇奈月温泉の中ではちらほら聞かれるようになります。
では、その何とはなんなのか…

2月の第一週にある雪のカーニバルで行われる、
”雪像コンクール”に造る雪像です。

毎年各旅館や街の住民の方が参加し、
街の至る所に雪像を作り、コンクールで競います。
賞を受賞すれば、うれしい商店街でのお買い物券がもらえるのです。

たとえば、富山地方鉄道さんなどは、毎年電気記念館の前に
超巨大な雪像を作ります
お菓子屋さんなどは、和菓子を作る器用な手つきで非常に美しい雪像を作ったりと
見ていても結構楽しめる作品が多いです。

ちなみに、お豆腐屋さんの山藤さんは、あまりにも芸術性が高く
宇奈月温泉でレジェンドとして”殿堂入り”しています。
毎年一人で夜を徹し作られた城の雪像などは、街の住民みんなが楽しみにしております。

いろいろなことを想いながらも
まだ何を作るかということは決まらず悩んでおります。。。。
ちなみにこちらは去年の様子です。

20140125-setuzou.jpg



この夏大注目の宇奈月温泉のお楽しみ「ラフティング体験」

2013年06月21日 [記事URL]

先日ラフティングの動画をご紹介させていただきましたが、
詳しいご案内がまだでしたので。。。。

みなさん黒部川の水に触ったことがありますか??
黒部川のラフティングは、黒部川の水をかぶることができます!
わたくし、先日行ってきましたが
これは価値ありの楽しい体験です。
トロッコ電車で黒部峡谷の迫力を感じた後だとなおさらです。

というわけで詳しい模様は
↓ ↓ ↓
20130621-__________________1.jpg

今回紹介させたいただいたのは、半日コースと呼ばれるものです。
金額は8000円。所要時間は約3時間半。
午前の部は朝9時より。お昼の部は13時より。
お子様も小学高学年くらいからOKだそうです。
ウェットスーツやヘルメットは貸し出してくれます。
ウェットスーツの下は水着がベストです。
参加される方は水着とタオル着替えを準備してください。
夏場は水分補給も重要ですので、飲料などもお持ちになったほうが良いと思います。8000円の価値は十分あります。
暴れ川で有名な黒部川を身近に感じることのできる貴重な体験です。100年前の人が見たら、びっくりするだろうな~

お問い合わせは『マックス黒部ブランチ』さんまでです。TEL0765-62-1344




《 前 1  2  3  4 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop