宇奈月日記 - 感幸旅館 お酒のお宿喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > 宇奈月日記

宇奈月に生息する日本カモシカ!

2018年05月09日 [記事URL]

日本カモシカは年々増えているようで山菜採りにいくとたいてい遭います。
日本カモシカはとても臆病なので近づいてくることは今まで無かったのですが、この子はあまり警戒心が無く近づいてきて草を食べてました。
この子が人なれしているのか?
私が野生化しているのか?



黒部峡谷運転開始

2018年04月21日 [記事URL]



春の朝は忙しい(^^)

2018年04月10日 [記事URL]

今朝は4時に星を撮りにいき、一度帰宅し、5時40分に山菜取りに出発、途中カモシカに二度遭い、ワラビとタラの芽をゲット。帰りに7時32分の作業用トロッコ電車を写して帰宅。
春は朝は忙しいです(^^)
20180410 (3).JPG

20180410 (2).JPG

20180410 (1).JPG

20180410(4).JPG



トロッコ&桜&雪

2018年04月08日 [記事URL]

黒部峡谷鉄道の除雪が始まりました。
今年は桜が早かったのですが、今朝は雪が薄らと積り、トロッコ電車と桜と雪というと珍しい景色が見ることができました。
トロッコ電車は4月20日から部分開通、5月5日から全線開通の予定です。

027A8953-3.jpg



宇奈月温泉雪のカーニバル

2018年02月03日 [記事URL]

宇奈月温泉雪のカーニバルのフィナーレはやはり冬も花火です。
冬の温泉街の夜空に大輪の花が画かれました。
このあとも4月14日まで毎週土曜日に花火があがります。
是非、見に来てくださいね。
027A4773.JPG

027A4794.JPG

027A4795.JPG



雪像

2018年02月03日 [記事URL]

宇奈月温泉雪のいカーニバルでは雪像コンテストが行われます。
当館でも毎年、雪像づくりをするのですが、今年は黒部川開発100周年を記念して、黒部川開発の恩人である山田胖氏と、その社長である高嶺譲吉氏、日本電力株式会社の初代社長の山岡順太郎氏に感謝。
トロッコ電車と北陸新幹線に感謝して雪像にしました。
若い社員が中心に頑張りましたが、今年は残念ながら賞を逃してしましました。
今年は祝賀会ではなく残念会になりそうです(;_:)
20180203 (1).JPG
20180203 (2).JPG



宇奈月温泉峡谷花火饗宴2017

2017年08月21日 [記事URL]



吉川忠英さんのライブを計画中

2017年02月10日 [記事URL]

ご縁がありシンガーソングライターやスタジオ・ミュージシャンとしてアコースティックギターの第一人者である吉川忠英さんがお越しなりました。
当館スタッフの順ちゃんが担当をしたのですが、お酒談義の中で長野県の白馬錦の話題になったそうです。
白馬錦さんとはタイアップでお酒のイベントを2度を行い当館でもお勧めの日本酒の一つでもあります。
そんなご縁もあり8月にお座敷ライブと日本酒を楽しむイベントを計画することとなりそうです。
内容が決まればご案内させていただきます。
素敵なイベントになりそうです。是非、楽しみにしていてくださいね
IMG_1764-1.jpg



【冬期限定】これが本当の雪の壁?!黒部川から見上げる雪の黒部峡谷体験ツアー

2017年01月29日 [記事URL]

2月限定の雪上散歩ツアーが開催されます。
スノーシューで雪の黒部川の河原を歩くツアーです。

冬の今の時期は、黒部川の水量が減り、雪で歩きやすくなっています。

いつもは対いることが難しい、川の近くまで下りていくことができるので、
日頃見ることのできない下の角度から、雪の黒部峡谷を楽しむことができます。
迫る黒部峡谷はまるで雪の壁!?

fuyutua.jpg

<期間>
2017年2月1日から2月28日
<時間>
朝9時30分出発 約2時間
<料金>
大人2,000円 小学生1,000円
※保険料、ガイド料金、税金込み
<集合場所>
宇奈月温泉総湯会館 湯めどころ宇奈月 1階
<注意事項>
スノーシューで雪上を歩くため、手袋やウェア、ブーツなど防寒対策を必ずお願いいたします。
対象年齢は小学校3年生以上です。
スノーシューはレンタルもございます。
お申込みは2日前までにお願いいたします。

<お問合せ・お申込み>
立山黒部ジオパーク協会
担当兼ガイド 坂井
TEL 080-3468-2394



コロラドからお越しのお客様

2016年05月25日 [記事URL]

今日は、合衆国のコロラド州からお越しのお客さんが山菜取りを体験したいということでご一緒しました。奥さんは翻訳と通訳、旦那さんは大気の予測する機械を作っていて、娘んさんはキノコで大気汚染を綺麗にする研究をしているとうとても素敵な家族でした。
コロラドから北海道に入り、新幹線を利用して東北そして東京そして富山に来られ、今日は奥さんの実家の京都へ行に行くそうです。
ワラビ、ミズナ、フキをお土産に笑顔で京都に向われました。

2016.05.26-1.JPG

2016.05.25.JPG





 1  2  3  4  5  6  7  8  9 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop