宇奈月日記 - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > 喜泉なう > 宇奈月日記

本日開通!「黒部峡谷トロッコ電車」に乗ってきました~

2012年04月18日 [記事URL]

トロッコ電車は開通しましたが、宇奈月温泉から4つ目の駅『笹平』までの運行となりました。例年は『鐘釣』という駅まで開通されるそうですが、今年の冬は雪が多かったので、いつもより開通距離が短いです。
往復80分、雪の残る黒部峡谷のプチ電車ツアーは、なかなか楽しいことが満載♪
『笹平』という駅で停車すると、レアなスイッチバックが見れます。これが見れるのは、豪雪だった今年だけ?!しかも、4月30日までです。
しかも、笹平での停車期間中は、駅員さんとお話しし放題です。



宇奈月出身 世界で活躍しする画家 戸出さん

2012年04月05日 [記事URL]

宇奈月出身で現在パリで活躍されている画家 戸出さん

現在富山に帰ってこられています。
そんな戸出さんと先日宇奈月温泉のカフェモーツァルトでお会いし
記念撮影をさせていただきました。

20120405-201204____________.jpg

実は、4月7日から黒部市美術館にて
戸出さんの「黒部川」と「桜」ほか数点の作品が無料公開されます。

20120405-kawa.jpg

詳しくはこちら
http://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=3774
特に「桜」の作品は、東北への復興の想いが詰まっている大作だそうです。

油絵で描かれた、黒部川は圧倒的
絵の前に立つと、黒部峡谷をこだます川の音と風が聞こえてくるようです。
------------------------------------------------
アルバイトしていた、カフェモーツァルトで
ずっと気になっていた、2枚の絵。
カフェとランプが描かれている絵とバラの絵

私と戸出さんが初めて出会ったのは高校2年生の時

あの絵を描いたのがこの人だよ。と紹介された時のことをよく覚えています。
当時美術部だった私は、アルバイト代を握りしめ
東京の日本橋三越でやっていた、戸出さんの個展を見に行きました。

初めての東京一人旅で、アドレナリンでまくりの私に
「よく来たね~。」と笑顔でむかえてくださった戸出さん。

私は、パリ~で活躍している方に
こんなに気さくに声をかけていただけるとは!!と
感激したことを覚えています。

今回も「おう、久しぶり♪」と声をかけてくださりました。

グッきました。

なんか芸術って、生き様ですね。

とにかく、オススメです。黒部市美術館でビリビリ感じてみてください♪



黒部ダムとトロッコ電車を体感!電気記念館リニューアルオープンを突撃!!

2012年03月28日 [記事URL]

トロッコ電車の宇奈月温泉駅の目の前。
噂の電気記念館がリニューアルオープンしました。

電気記念館とは何ぞや!?

黒部川の電源開発の歴史や黒部ダムや黒部峡谷の自然の姿などを、ジオラマやVTRで体感できる施設です。
詳しくはこちら

http://www1.kepco.co.jp/pr/kurobe/index.html

20120328-_______________1.jpg

20120328-_______________2.jpg

20120328-_______________3.jpg

20120328-_______________4.jpg

20年以上前にオープンした電気記念館は、
今まで多くの観光客に電源開発の歴史を伝え、
そして地元の子供たちに、黒部ダムやトロッコ電車を身近に感じさせてくれた施設です。
何を隠そう私も、小学生の頃はヒマがあれば電気記念館に足を運び(入場が無料だったので。。。)、黒部ダムの工事をした人たちの映像や、ボタンを押したら光るジオラマにで遊んだ記憶があります。

なんだか昔の人は凄く頑張って山を切り開き
命をかけて仕事してたんだな。
と難しいことはあまり分からないなりにも感じていました。

大人になってからは、電気記念館へ足を運ぶ機会がなかったのですが、
今日リニューアルした館内を見たときは、幼い記憶がよみがえりました。

実は数年前、私が都内の飲食店で働いている頃
とある新郎新婦の結婚式2次会パーティーのお問い合わせを承りました。
数日後、予約を検討するため新郎新婦がお店へ食事にいらっしゃったのですが、
そのとき一緒に旦那さまの上司の方が一緒に同行されました。

いままで何度も結婚式の2次会の予約を承ったことがありましたが、
たいていの方たちはご友人を連れてこられることが多く
上司の方を連れてくるのは初めてでした。
その上司の方は非常に新郎新婦のことを気遣いサポートされていて
接客している私は
「凄く人間関係がよい会社なんだなー。」と感じるほどでした。

いろいろお話するうちに
「本当に素敵な会社ですね。」
とお声をかけたところ。
その上司の方が
「うちは建設会社で、あの黒部ダムの建設に携わったところだよ。」
とお話してくださりました。

その時私は、あんな凄い工事をした会社が長い年月を過ぎても
いまだに社員同士の強い絆が守られているということに凄く感動しました。
壮絶な体験をした先輩たちが、強くておおきな土台を会社に創り、残していったのでしょう。

黒部ダムを造るため、工事を進めた昔の人たちの
苦しさや努力や勇気は、私たちは全て理解できるはずもないと思いますが
少しでも記憶に残し後世に伝える義務があると感じます。

気軽に入れる電気記念館は”入場無料”です。

接客係A



やはり旬のホタルイカが人気です。

2012年03月18日 [記事URL]

20120318-canvas.jpg
今が旬のホタルイカ。 昨日ご宿泊されたお客様のO様も、やはりホタルイカのリクエストがございました。 今回ご準備させていただいたお料理は、ホタルイカのボイルとお刺身の2品です。 ボイルは比較的長期にわたって食べることができますが、お刺身はやはり3月.4月が食べごろではないでしょうか。是非、旬のホタルイカを食べにお越し下さい。お持ちしております。

雪のカーニバルをお写真でご紹介

2012年02月07日 [記事URL]



宇奈月に巨大迷路出現!セレネさんへ行ってきました。

2012年02月06日 [記事URL]

雪のカーニバルに合わせて
宇奈月国際会館セレネの駐車場に”雪の巨大迷路”が出現しました!

地元の子供たちが楽しそうに集まっていました。
セレネさんは少数精鋭ですが、こんな巨大な迷路をスタッフさんでつくったそうです。
おもてなしの熱意に脱帽です。

巨大迷路では、番茶が飲めたり、参加賞のおもちゃがもらえるコーナーもありました。
”愛ディア”たっぷりで楽しめます。

20120206-2012_________.jpg

巨大迷路のあとは、”カフェセレネ”で
焼きたての手作りワッフルと美味しいコーヒーも最高です。
今、地元黒部の小学生の子供達がの作品の無料展示も開催中です。
夢たっぷりの子供たちの絵を観ながら、名水コーヒーを飲むひとときは、
ゆるゆる時間を満喫できます。



雪のトロッコ写真

2012年01月28日 [記事URL]

雪のトロッコ写真をご紹介します。



宇奈月温泉旅館協同組合新年会

2012年01月14日 [記事URL]

1月13日に宇奈月温泉旅館組合新年会が行われました。
毎年恒例の女将の会「かたかご会」の余興では、なんと12代目宗家家元 望月太左衛門さんのご指導のもと「かたかご太鼓」を完成し披露しました。 忙しいスケジュールの合間に、練習頑張りました。今回がお披露目で今後が楽しみです。
また、青年部のパフィーマンスは・・・とりあえずご覧ください。



若女将、宇奈月のグルメを食べまくり!

2012年01月12日 [記事URL]

昨日、富山のテレビ局”BBT”さんの特集番組の撮影が宇奈月温泉でありました。
昨年富山を舞台にして作成、公開された映画”レイルウェイズ”にでてくる
富山地方鉄道の沿線でのグルメなどを紹介する番組です。
null
null
この番組の撮影に、喜泉の若女将は、宇奈月温泉の案内人として参加しました。

動画は、宇奈月温泉で人気の高いスウィーツ”とうふプリン”の撮影の様子です。
あまり若女将は手前にいます。
あまり動画ではわからないのですが
若女将のプリンの食べっぷりは、なかなか迫力ありました。
テレビ放送は来月あたりです。
日程など詳しくわかりましたら、またブログでご紹介しますね♪

喜泉若女将の食べっぷりに注目です!!



アルプスエキスプレスに乗りました

2012年01月09日 [記事URL]

ウワサの電車が富山で走っている!
というのを聞きつけ
百聞は一見にしかずで、体験してきました。

感想は「楽しい!」の一言。
最高でした。

null

宇奈月温泉駅 13時52分発のアルプスエキスプレスに乗車。
車内はとっても清潔で、デザイン性も高く、シートは景観が楽しめるような配置。
ファミリーボックスや、カップルシート、お一人様でも楽しめる窓向きカウンターもありました。
車内ではコーヒーやお弁当も販売。(でも宇奈月発に乗るなら、ますのすしとか”ささや”さんのカツサンドがいいかな~)
窓枠は映画のスクリーンのように、横長ワイドになっていて
まるで窓枠は額縁、外の景色が絵画の一部のように見える演出。
絵本が並ぶ書籍コーナーもあり、お子様も楽しめるようになっています。
null

ワクワクしながら乗る演出たっぷりで
何時も見る景色がとても新鮮に見えました。

20120109-______________________________2.jpg
喜泉でも、こんな素晴らしい電車を沢山のひとに楽しんでいただける
お手伝いができるプランを考えたいと思います!

20120109-______________________________1.jpg

アルプスエキスプレスの情報はコチラです。
http://chitetsu.webhosting-jp.com/alps/




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop