さわやかお散歩感幸ツアースナップ - 感幸旅館 グリーンホテル喜泉|自然体感ツアー 地酒が飲める宿|富山県宇奈月温泉


予約・お問い合わせTEL.0765-62-1321(年中無休)

HOME > お客様の声 > さわやかお散歩感幸ツアースナップ

さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.130(2017)

2017年10月30日 [記事URL]

10月29日 雨
台風の影響で雨が降ってきましたが、ありがたいことにお散歩を楽しみに来られたお客様がいてたくさんご参加していただきました。
霧の黒部峡谷、サクラマスの遡上もご覧いだけました。
宇奈月の自然を体感いただけましたでしょうか。
写真をご希望の方はNo.130(2017)とご記入のうえotoiawase@gkisen.comへメールいただければテータをお送りします。
20171029.JPG



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.129(2017)

2017年10月28日 [記事URL]

10月28日 曇り

今朝の宇奈月ダム湖はエメラルドグリーンでとても綺麗でした。
まるで入浴剤を入れたようでした。
弥谷蔵谷にもサクラマスが久しぶりに姿を現し、お客様もお喜びでした。

20171028 (1).JPG

20171028 (2).JPG

サクラマスの写真は散歩後の河原に降りて写したものです。
20171028-3.jpg



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.128(2017)

2017年10月26日 [記事URL]

10月26日晴れ
朝の気温が10℃をきると同時に宇奈月の山々が色づいてきました。
今朝はとても仲のよいご夫婦がご参加いただきました。
空気が爽やかです。
20171026 (3).JPG

20171026 (2).JPG

20171026 (1).JPG



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.127(2017)

2017年10月25日 [記事URL]

10月25日 雨
雨が降ると宇奈月のダム湖は霧でおおわれます。
私の子供のころはもっと霧が深かったように覚えています。
黒部峡谷にはいくつもの滝が現れ、そのため八千弥谷ともいわれています。
20171025 (1).JPG

20171025 (2).JPG



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.126(2017)

2017年10月24日 [記事URL]

10月24日 晴れ

台風が過ぎ去ったとおもったら今朝は雪景色が見れました。
宇奈月の山々も色づいてきました。
急に秋が深まってきました。
20171024(4).JPG

20171024 (1).JPG

20171024 (2).JPG

20171024 (3).JPG



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.125(2017)

2017年10月24日 [記事URL]

10月22日 雨

当館が遅くなりましたが22日は大学時代のお友達3名様とご夫婦のご参加でした。
みなさんの笑顔がとても素敵です。
写真をご希望の方はNo.125(2017)とご記入のうえotoiawase@gkisen.comへメールいただければテータをお送りします。
20171022.JPG




さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.124(2017)

2017年10月21日 [記事URL]

10月21日 曇り

雨上がりの湖面が綺麗な朝でした。
台風が心配ですが、なにもないことををお祈りします。
写真をご希望の方はNo.124(2017)とご記入のうえotoiawase@gkisen.comへメールいただければテータをお送りします。
20171021-1.jpg

20161021.jpg




さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.123(2017)

2017年10月19日 [記事URL]

10月19日 雨

今朝はご年配のお客様がご参加されたのですが、天候が不順なこともあり車窓からのみとなりました。
そのおかげで保線車が近くで見ることができました。



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.1212017)

2017年10月17日 [記事URL]

10月17日 晴れ
朝のお散歩はなぜは女性が多いのです。
今朝も奥さんは日本人、旦那さんがイギリス人のご夫婦以外は女性でした。
各々のカメラ、スマホで全員の写真を撮りあい、とてもよい雰囲気でした。
みなさん幸せそうな笑顔がとても好きです。
写真をご希望の方はNo.121(2017)とご記入のうえotoiawase@gkisen.comへメールいただければテータをお送りします。
250171017.JPG



さわやかお散歩感幸ツアースナップ No.120(2017)

2017年10月17日 [記事URL]

10月16日 小雨

地元魚津市からお越しのご婦人がご参加してくれましました。
いつもは標準語で説明しているつもりですが、魚津の淑女につられかなり富山弁まじりで説明してしましました。
東京からお越しのお客様には輪わかりにくかったかもしれませんが、ひょとしてこちらのほうが思いが伝わるかもしれませんね。
写真をご希望の方はNo.120(2017)とご記入のうえotoiawase@gkisen.comへメールいただければテータをお送りします。
20171016.JPG




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop